胡蝶蘭の歴史の始まりを調べてみた

フラワーギフトで胡蝶蘭をおくるのは、お祝い事だけでなく、葬儀や通夜などにもみることがあります。花言葉に「純粋な愛」を持つ胡蝶蘭は、哀しみに暮れる気持ちを優しく癒すと言われていて、お供えやお悔やみのシーンでもよく見られる光景だそうです。

胡蝶蘭の歴史の始まりは、19世紀に貴族や裕福層の間で起こったヨーロッパの欄ブームで、高貴で美しい花を咲かせる様子が、より綺麗な品種を探すきっかけとなって現在の胡蝶蘭の原種発見に繋がったわけです。育て方にもコツのある胡蝶蘭ですが、寒さに弱いのは、知っておかなければいけません。

熱帯地域が原産地なのですが、明るい日陰で生息しているので、実は、太陽の光が直接当たるのもよくありません。
人間が心地よいとされる15℃~20℃前後が適温で、風通しが良い場所に置いてあげましょう。環境次第ですが水やりも頻繁に行う必要が無く、胡蝶ランの根元の表面が乾燥してきたらコップ1杯程度水やりして下さい。病院に入院している知人の見舞いとして、 心を落ち着かせる意味で、美しい花を贈るのも良いことですが、鉢植えになったお花は「根を生やす」として嫌がられます。

優雅な胡蝶蘭を持ってお見舞いに行くときは、花束にアレンジするなどして、絶対に鉢に入った状態で届けないようにして下さい。タブーとされるこの事を理解していれば、見た目も美しく、花粉も香りも少ない胡蝶蘭は、入院している人の心を癒す最高のお花だと言えます。

チョイスする胡蝶蘭の価格は、 相手のシーンや、先方との関係性によって変わります。親しい人へのプレゼントであれば数千円のオシャレな胡蝶蘭で良いですし、会社関係であればミディやミニでなく大倫などの立派な胡蝶蘭が必要です。

どちらにしても、胡蝶蘭の値段が生花店より安いのが通販で、商品によっては50%OFFになったりします。通販では中間流通を省いたお店が人気で、生産農家から消費者へ直接発送してくれるからです。
貰った胡蝶蘭の育て方に関してですが、そんなに難しいことはありません。
水やりは頻繁にやらなくても良いし、鉢への植え替えの仕方も非常に楽ちんです。しかしながら、厳しい寒さには強くないので、冬場にベランダに出したり、庭に置いたりしては駄目なんです。

あと、空調の吹き出し口なども良くないので、暖かくて落ち着くところが良いですね。花を贈られて嬉しくない人はそういませんが、贈られる人のシチュエーションに合った花言葉のものをチョイスすると、贈られた側も、花ギフトに込められた想いを感じることが出来ます。例えば、美しく高級なイメージの胡蝶蘭はよく門出などで贈られますが、胡蝶蘭共通の花言葉、純粋な愛などのほか、白や青、赤やピンク色といった色彩ごとに個別に花言葉があります。

胡蝶蘭を例に出しましたが、贈られる側のシーンに合わせて花言葉を添えることで、心のこもった贈り物になることは間違いありません。

スマホ端末の進化に伴い、花ギフトの通販も、近頃ではスマホだけで全て注文を完結することが出来ます。

それに加えて、キメ細かい対応をしてくれるので、メッセージやラッピングなど細かな点まで無料で行ってくれるのです。配送やお届けについても言えることで、全国でのスピーディな配達や、ケースによっては当日にお届けするなんて事も出来ちゃいます。

花ギフト通販も随分と身近になりましたね。

お祝いの花に胡蝶蘭が選ばれるには訳があります。ひとつ言えば、蝶が舞い降りたような美しさ、さらに、胡蝶蘭の持つ花言葉や長持ちすることも理由の一つです。

普通の花束は、直ぐにしおれてしまい日持ちしませんし、これらのことを踏まえると、1ヶ月から2か月も日持ちする胡蝶蘭が人気なのです。
おめでたいシーンや門出に贈る花は、やっぱり胡蝶蘭にする人が圧倒的に多いわけです。知人がお店を開店する時などで贈る定番は胡蝶蘭ですが、個人的にお祝いするなら1万円から3万円程度が相場ですかね。
ネットが発達した現代では、ウェブサイトを活用する方も多くなり、色々なライフ場面に対応したこちょうランの通販店が人気です。日本で生まれた花ではないのですが、明治に日本に持ち込まれたという記録があります。
咲いた様がまるで蝶のように綺麗なことから、それを見た人が胡蝶蘭という名前を付けたそうですが、美しさだけでなく花言葉(純粋な愛)も人気の要因なのです。
貰った胡蝶蘭が枯れたりしたら、処分に困ってしまいがちですね。このような場合、役に立つのが胡蝶蘭の回収サービスです。

不要になる理由は様々で、置き場所に困ってしまう場合や、枯れてしまった等、一鉢から大量処分まで請け負ってくれます。
サービスに支払うお金が勿体ないと思うのなら、ご自身ですてるしかないわけですが、面倒でも、お住まいの地域の決まり通り分別しなければなりません。
色んな種類がある胡蝶蘭ですが、 分け方として、花びらのサイズ違いによるものがあります。

開店祝いなどでよく見られるのが、大倫という一番花のサイズが大きい種類です。

また、親しい人へのプレゼントや母の日のギフトなど、花びらの小さいミディ胡蝶蘭があります。どれをチョイスるかですが相手先の場面や関係性で相応しいものが決まります。
詳しく調べたい方はこちら⇒胡蝶蘭の通販は産地直送

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です